総量規制対象外 消費者金融

 

無職や専業主婦では、お金を借りることはできない、と思われるかもしれませんが、専業主婦などの利用を認めるカードローン、というものもあります。

 

消費者金融は、総量規制が始まって以降、年収の3分の1までしか貸し付けができなくなっていますが、銀行カードローンに申し込むことで融資を受けられる場合があります。

 

ここでは、消費者金融が守らなければならない総量規制について、総量規制対象外となる銀行カードローンについて説明します。

 

 

■消費者金融が無職や専業主婦にお金を貸せないわけとは?

 

無職や専業主婦が消費者金融に申し込んでも、審査に通ることはありません。

 

仮にあったとしたら、ヤミ金融である可能性が高いので、絶対に融資を受けてはいけません。

 

これは、消費者金融や信販会社、クレジット会社が守らなければならない法律に「貸金業法」というものがあり、その中の「総量規制」という仕組みによって融資が禁止されているからです。

 

総量規制というのは、消費者金融を利用する人の「年収の3分の1まで」しか融資をしてはならないというものです。

 

本人に収入のない無職の方や専業主婦は、年収が0円ですので、事実上、融資ができない仕組みとなっているのです。

 

 

■総量規制の枠を超えた融資を受けるには?

 

他社からの借入れがあり、すでに年収の3分の1を借りている人や無職の方は、銀行カードローンに申し込むといいでしょう。

 

銀行カードローンは、貸金業法が規制する業者ではありませんので、独自の基準で融資を認めている場合があります。

 

たとえば、三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、原則、安定した収入がある方を申込み条件としていますが、本人に収入のない専業主婦についても、限度額30万円までという条件で融資をしています。

 

また、本人に収入がないので担保や保証人が必要になるのではないか、と不安になるかもしれませんが、担保や保証人を必要とせず、運転免許証などがあれば申込みが可能です。

困った時の消費者金融

友人であろうと身内であろうと、お金を借りたのなら絶対に返済はしなければなりません。
それにいくらかの金利(約18.0%)が発生するのが消費者金融です。
インターネットで 人に会うことなく審査から手続き完了まで行えます。

 

急ぎの場合でも、30分程で手続きが完了し、さらに指定口座に振り込んでもらえるので
その日のうちにお金を手にする事が出来るのです。(時間的条件有り)
簡単なネットでの審査テストもしているので試してみると良いでしょう。
バンクイック審査口コミ【※バレずにこっそり借りたい専業主婦の方へ】

消費者金融の仕組みってどんなの?

消費者金融はとても利用しやすい環境が整備されています。そのため、入口はとても広い金融商品であるということが言えます。手続きも早さが追求され、最短30分での契約をすることが可能な消費者金融は少なくはありません。

 

それだけ契約までの早さというのが求められているのは、急な資金の利用にも対応することができる消費者金融の商品力にあります。その商品力の決めてとなっているのが金利の高さにあります。最低限の審査によって金融商品の提供を行っている消費者金融は、その金利が高めに設定されていることで、万が一返済が滞ってしまうケースが発生した場合でも業務に支障が出ないという背景があります。

 

消費者金融を敬遠するひとも少なくはありませんが、その反面、本当に困った時には利用しやすいのがこの消費者金融になるのです。そんな消費者金融の仕組みを知れば、より利用しやすくなるということが言えます。

更新履歴


このページの先頭へ戻る