色々な「お金借りる」ということ

自動販売機で飲み物を買いたい時、小銭の持ち合わせがなくて、ちょっと貸してよっていうのも「お金借りる」。飲みに行って割り勘にした時、いくらか足りなくて友人や知人に不足分を出してもらうのも「お金借りる」。一人暮らしの学生などが生活費が足りなくなってしまって、何万か親から出してもらうのも「お金借りる」。車や不動産など大きな買い物をする時に金融機関から調達してもらうのも「お金借りる」。お金を借りるという行為は実に様々な場面で発生する。できれば回避するに越したことはないが、やむおえない場合は致し方ない。前記の最初の方の事例は日常よくあることで、返済が遅れても、あるいは忘れてしまったとしても、それほど問題視されることはない。なのでわりと気楽に貸し借りが出来る。
 最後に記した事例となると、そういうわけにはいかない。返済の義務というものが必ず生じる。借用額にプラスして利息も負担しなければならない。当然と言えば当然のことであるが、借用の仕方や金額、頻度によっては返済が困難な状況に陥る場合がある。
 そうならないように、十分に返済計画、先の見通しを立ててから「お金借りる」という行為はするべきだ。
総量規制のあまり知られていない中身とは


このページの先頭へ戻る